読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hollow  

子宮内膜症→チョコレート嚢胞(ここまで自覚なし)→明細胞腺がん発覚。今は経過観察中。ふだんは漫画やアニメの話題など。

アニメ

「虐殺器官」

観終わってからずっとつかみどころのないもやもやとした気持ちがあって、 それは作品自体に対してではなく、内容に対してのものだと、 やっと思い当たった。 それと同時に、原作の小説を読んだ時、ラストで感じた寂寥感を思い出した。 もやもやしたその内容…

「傷物語 Ⅲ 冷血篇」

人間に戻るか戻らないかの瀬戸際、 やってしまったことの大きさにおののきつつ、 キスショットをやはり殺さずにすむ方法を考えるのが 阿良々木暦、という人物なのだった。 ラストで弱体化してしまったキスショットへ微笑みかける暦を、 当時の彼女はどんな思…

「この世界の片隅に」

※ 下書きに加筆しました。 のっけから書いてしまうが、この映画は2016年最高の映画だと言い切ろう。 戦争を扱ってはいるが、日常生活の中に非日常が少しずつ紛れ込んでいく感じ。 ほんわりとした画面なのに、時々胸をがしりとつかまれるような痛みを ところ…

劇場版「暗殺教室」365日の時間

観に行った順番は次の記事で書くつもりの映画とは逆になるのだけど、 テレビシリーズがよかったので、劇場版も娘たちと観に行ってきた。 「暗殺教室」はどちらかといえば娘たちの方が詳しいのだが、 実は原作漫画は未だに読んでいなかったりする。 (長女は…

(いまごろ)夏アニメ感想

10月になってしまったので早く書いておこうシリーズ。その3。 夏アニメといっても、録画して見ていたのは 「Rewrite」と「あまんちゅ!」の2作品だけ。 「Rewrite」はたしか「Charlotte」が完結したあたり予告編を見て、 これはアニメが始まったら見よう…

「君の名は。」

10月になってしまったので早く書いておこうシリーズ。その2。 新海監督の作品は「秒速5センチメートル」を観ているが、 とんでもないやりきれなさと切なさがあったので 今作は見送っていたのだった。 が。 妹から誘われたので観てきたのだが、「秒速~」…

「傷物語 Ⅱ 熱血編」

10月になってしまったので早く書いておこうシリーズ。その1。 三部作のちょうど中間点。 作画は前作に引き続き、丁寧で濃い画面だった。 思春期の少年の妄想シーンは笑えるけれど、さすがに何度も出ると 少し困ってしまった。 原作の小説でも「この時期の…

「うしおととら」&「暗殺教室」

次回の定期検診は8月なので、 タイトルの2作品の感想を書いておく。 どちらも最終回を迎えた作品だけれど、まずは「うしおととら」。 アニメ化すると知った時は、あの長い作品をどうまとめるの?!だった。 が。最終回まで見た感想は、原作を大切にしつつ…

「ガールズ&パンツァー劇場版」

DVD&BDが出る前に感想を書いておくシリーズ、その2。 ちなみに発売日は5月27日(「傷物語」より早いわ!)。 テレビシリーズは当初見ていなかった。 理由はちょうど子どもの入院と重なっていたからで、 退院してから「蒼き鋼のアルペジオ アルス・ノヴァ…

「傷物語 Ⅰ 鉄血編」

DVD&BDが出る前(7月27日)に、今頃感想を書いておく。 上映時間は1時間と少しなのだが、中身が濃いので 短いとは感じなかった。 原作である小説とは変わっている部分もあるのだが、 それは気にならない程度。 もう上映は終わっているので書いていいと思う…

「ハーモニー」

今月は時間的にあまりゆったりできない日が続くので、 思い切って初日に観てきましたよ、「ハーモニー」! ※下書きのまま放置していたけれど、公開は11/13でした。 原作に忠実に作られていたと思うけれど、逆に読んでない人には わかりづらい面があったよう…

「屍者の帝国」

伊藤計劃氏の小説3作(正しくは、うち1作は共著)を劇場アニメ化すると 知ったのは、たしかノイタミナ枠のアニメを見ていた時だった。 内容が内容なのでどうなるのかな?と思いはしたけれど、 じわじわと情報が開示されていく過程で、 キャラクターデザイ…

「劇場版 蒼き鋼のアルペジオDC」から「Cadenza」へ。

※ 「DC」の感想を書きかけのまま放置していたので、 とりあえずの更新です。 「DC」 導入が新作部分だったので、初回に観た時はただ「おおお?」となってしまった。 海へ沈んでいくメンタルモデルと船がゆっくりと姿を変えたのち、 横須賀沖に現れて・・・と…

夏アニメ感想

久しぶりのアニメ記事。 春アニメの感想を書こうと思っているうちに、 もう秋アニメが始まる時期になってしまった。 いやあ、「Fate/stay night UBW」よかったなあ~。 まさかのロンドン編ですよ! と。これだけ書いておく。 FEは劇場版になるらしいけど、ま…

劇場版「PSYCHO-PASS」

感想を書こう書こうと思っていたら、 7月にBDとDVDが出ると知ったので、 なんとなくその前に書かなきゃ!と慌てて書いている。 一度目に観終わった時の感情は、なんとも言えない切なさ、だった。 その切なさの正体は、朱ちゃんのやったことに対しての報われ…

秋アニメ総括

といっても、そんなに見ていないのだが。 まずは、じりじりしながら見ていた「PSYCHO-PASS サイコパス」2 。 やはり最後まで、今ひとつ入りこんで見られなかった。 どうしても「そうじゃないような気がする」感が強かったのは、 思い入れの差なのだろうと思…

秋アニメ

今期の秋アニメの話でも。 1番楽しみにしていたのは、「Fate/stay night UBW」。 以前に違う製作会社さんが劇場版を作っていたけれど、 さすがにあの膨大なテキストを翻訳して2時間に収めるのはちょっと無理かも? と思わせた内容で、話のぶつ切り感が否め…

夏アニメ

え?もう10月ですか・・・。 放置もいいところだわ、と何度書いているのやら(;^ω^) 夏アニメの感想でも書いておこう。 と言っても、見ていたのは2本。 ひとつは「アルドノア・ゼロ」。 スタッフを見て期待していたのだが最終回まで見て ある意味期待通り・…

近況

放置している間に、新年を迎えました。 今年もよろしくお願いします。 さて、かなりほったらかしにしているブログですが、 そんなブログでも来てくださる方がいてびっくり。 アクセス解析を見ていると、病気とアニメ関連が6:4くらい。 笑えるのが、「グラ…

え?

「蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァー」第7話。 ・・・ええと。 ずいぶんと雰囲気が変わってまいりました。 このままだと金剛さんがおいてけぼりになりそうです。 ・・・いや、金剛さんも「感情」を知って、もやもやするんだろうか? 次回が楽しみ・・…

「劇場版 空の境界 未来福音」

何から書けばよいのやら。 2007年に公開された「劇場版 空の境界 第一章・俯瞰風景」から6年。 原作の小説は第七章+終章まであって、

いまさら夏アニメ感想

夏アニメが終わって、すでに秋アニメも早い放映順だとすでに3話ぐらいまで きてるじゃないか! と思うのだが、まあ、ここはアニメ批評をする場所でもないので、 そんなにカリカリする必要はないよね、と思い直す。 でもちょこっと感想は書いておこう。 「銀…

プリズマ☆イリヤ

漫画が出ていたのは知っていたのだ。 「あー。また『Fate』のスピンオフかー。面白いのかな?」と 素通りしていた。 が。最近、アニメ化したものをニコ生で見てみたら意外に面白くて、 2話まで見た時点でテレビでも放映が始まったので録画を始めたのだが、 …

「空の境界」

今、「空の境界」の劇場版がテレビやネットで(公式に)公開されてますが、 あれはかなりよくないと思う。 何がよくないって、まず、初めて見る人にとっては訳がわからないだろう、と。 しかも、もともと時系列になっていない作品なのに、さらに シャッフル…

「空の境界・俯瞰風景3D版」

初の3D映画鑑賞が、なんとらっきょ(「空の境界」)になるとは! 当初は、上映するとは知っていたのだが、 めまい持ちなのでふらふらするかなあと思って 見送ろうと思っていたのだ。 それに、上映期間がちょうど夏休みにかかるので、 さすがに親の趣味だけ…

やはり「翠星のガルガンティア」

春のアニメが次々と終わってしまい、ちょっと気が抜けている今日この頃。 頭の整理に、感想など。 「銀河機攻隊マジェスティックプリンス」はもうひとつつかみどころがないまま 二期に突入しそうだし、同じく二期が秋にある「革命機ヴァルヴェイヴ」は 一期…

アニメとシンクロ

「翠星のガルガンティア」第8話を見ていて、 人に頼れる時は頼る、ということをしみじみと痛感した。 1人で全部を背負わなくてもいい、とも。 何が「アニメとシンクロ」なのかは、こちら 。 タイトルとは関係ないけれど、この春アニメはかなりそれぞれ面白…

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」

劇場には、4回観に行った。 「巨神兵東京に現る」を観た後のなんともいえない余韻の中、はじまる 新しいエヴァ。 TVシリーズでもなく、旧劇場版でもないエヴァ。 だからこそ、4回も観に行ったのだと思う。 「序」と「破」は各2回ずつしか観に行っていなか…