読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hollow  

子宮内膜症→チョコレート嚢胞(ここまで自覚なし)→明細胞腺がん発覚。今は経過観察中。ふだんは漫画やアニメの話題など。

ことの起こり 1

それは、つい最近といえば最近のことだ。

この1月末のある夜のこと、横になった時、下腹部に違和感を感じた。

おなかに何かが乗っかっているような感覚。

軽い気持ちで下腹部を触ってみた私は、一瞬、凍りついた。

何か、あきらかに固いものが指先に触れた。

「これは・・・子宮筋腫が大きくなりすぎたのかも・・・。」と

私は思って、とうとう受診した方がいい時期なのかなあ、と思った。

 

翌朝、私は実家に電話をかけた。

母は子宮筋腫と卵巣腫瘍(境界悪性・手術だけで抗がん剤治療なし)を

経験しているので、こういう時は頼りになる。

私が状態を話すと、やはり母は「絶対に病院へ行きや!」と強く勧めてきた。

 

 

余談になるが、私は病院が嫌いだ。

小学校4年生から高校1年生まで断続的に整形外科へ通っていたせいか、

とりあえず病院というものは待ち時間が長く、診察はあっという間という

おつかれさんな場所だと思っていた。

加えて、抜歯をした際に飲んだ抗生剤で薬疹が出たせいで、

病院嫌いの薬嫌いという傾向ができあがってしまった。

 

が。そんな私でも、母となってはそうも言ってはいられない。

二人の娘は、ことあるごとに病院へ行く機会ができた。

特に、二女の場合は命に関わるような病にかかったゆえに、

医師にかからねばならない時はあるものだ、と偏向した思いは

ようやく中立したものへと変わってきていた。

 

 

閑話休題。

翌日H25年1月31日、私は地元の総合病院へ行っていた。

そこはかなり前に母が入院していたり、旦那さんが健康診断に

行っていたりと、私にとってはなじみのある病院である。

朝8時すぎには受付をすませ、その時点では呼び出し番号は1ケタだった。

「もしかして早いかな・・? でも産婦人科だと遅くなる可能性も

あるなあ・・。」

とぼんやり思いながら待っていると、事務の人が問診票を持ってきたので、

ゆっくりとそれに記入した。

問診票はいろいろと項目があったが、「受診のきっかけとなる今の状態」には

下腹部の違和感と、更年期がとうとうやってきたかも?といったことを

書いたら、再び事務の人が現れて「更年期質問票」なるものを持ってきた。

それを書いた後、尿検査だけなぜか先にしてくださいと言われたので

お手洗いに行ってしまうと、あとはただ待つだけの時間になってしまった。

ふと周りを見ると、さまざまな年齢層の女性がいる。

中には男性の姿もあって、今は付き添いの男性は普通にいるなあ、と思った。

 

まだまだ時間がかかりそうだったので「鴨川ホルモー」を読み始めると、

瞬く間に物語の世界へ引き込まれていった。

 

「・・・さん~。」

ふいに私の名前が呼ばれたので、慌てて本をしまって診察室へ入る。

挨拶をしながら勧められた椅子へ座ると、温和そうな医師が

問診票を見ながら、私に質問を次々とした。

尿検査の結果を見ながら

「潜血があるので、更年期の始まりかけですね。」と言い、

「あと。おなかに違和感がある、と。じゃあ、内診しましょうか。」

と言って立ちあがった。

看護師が内診室へ案内してくれ、私は下着などをとって

10数年ぶりに内診台へ上がった。

 

医師は下腹部を触って、「あれ! 何かありますね。」と言った。

やはり誰が触ってみてもソレはそこにあるんだな、と思っていると

「中を見ます。」とエコー検査。

・・・ううう、ひさしぶりだが、嫌なものだ。

カーテンを少し開けて画像を見せてくれるが、なにがなんだかわからない。

「子宮体がんの検査は最近しましたか?」と言われたので

「してないです。」と答えた。

「じゃ、その検査もしておきますね。」と言われたので、

「お願いします。」と軽く返事した。

が。

・・・この検査、もう想像を絶する痛さだった。

看護師が「息を吐いてくださいね~。」と言うのだが、

そんな余裕もありません・・。

子宮頸がん検診は痛くなかったので、甘く見ていた。

 

検査が終わった後、ちょっとよろよろになった私に、看護師が

「出血するかもしれませんので、これをお使いください。」と

ナプキンを手渡してくれた。

この時点で私はもう、いろいろと面倒な気分になっていた。

面倒というのは語弊があるかもしれない。

もう、なんでもかかってこい~! という投げやりな状態である。

 

診察室に戻ると、内診前より少し硬い表情の医師が言った。

「今日、これから血液検査と、MRIを撮ってきてください。

あのね、卵巣に腫瘍があります。」

と、図解した紙を見せながら医師は言った。

 

え? 卵巣に腫瘍ですか??

子宮筋腫ではなくて??

呆然としたまま、私は書類を持って、診察室を出た。

 

 

 

広告を非表示にする