読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hollow  

子宮内膜症→チョコレート嚢胞(ここまで自覚なし)→明細胞腺がん発覚。今は経過観察中。ふだんは漫画やアニメの話題など。

沈黙の・・・

 

MRIなどの検査結果が出るのは一週間後だったので、

それまでの間、私はネットで「卵巣腫瘍」について調べた。

 

腫瘍、と聞くと個人的には「できもの」、それもいいやつと悪いやつ、

という印象がある。

母の場合はいいやつばかりで数回手術しており、健在だ。

娘の場合は悪いやつで手術して、現在は寛解している。

 

卵巣腫瘍の9割は良性、1割は悪性だという。

良性腫瘍の中はだいたいが液体で詰まっているが、中には爪や毛髪などが

できるものがあるらしく、ブラックジャックピノコはこれが着想の元らしい。

(実際には、あれほど完全に揃う事はないらしいです)

 

悪性の場合は液体ではなく、固まりがあるのだそう。

 

ところでこの腫瘍、ある程度大きくならないと自覚症状がない。

しかも、ある程度大きくなった時点で茎捻転という状態、つまり腫瘍の根元が

ねじれてしまう状態になると、もう手術するしか治療法はないのだとか。

漫画家の大島弓子さんは、まさにこういう状態で病気が発覚したとその

著書で描かれているが、作中でもふだんからずっと痛かったわけではないことが

うかがわれるのである。(「グーグーだって猫である」第二巻)

ちなみに、この茎捻転が起こりやすい腫瘍の大きさは、5~7センチ以上だそうだ。

卵巣の正常な大きさはアーモンドの粒くらいの大きさだとかで、かなり

大きくならないと症状が出にくいのだな・・・と思ってしまう。

 

また、卵巣という臓器は毎月細胞分裂を繰り返しているからか、

人体で最も腫瘍ができやすいのだそうだ。

が。

それにもかかわらず、自覚症状がない。

ゆえに「沈黙の臓器」と言われるのはそのためだとか。

 

・・・そうなのだ。

私の場合の自覚症状・・・もともと子宮筋腫はあったのでそれが大きくなりすぎたか、

年齢から更年期やもろもろの要因で、さらにややこしくなっていたような気がする。

 

おなかが出てきた→太った?

不正出血→子宮筋腫か、更年期?

おなかのちくちくした痛み→話に聞いた排卵痛?

腰痛→姿勢が悪いから?

頻尿→更年期?

性交痛→子宮筋腫か更年期?

 

とまあ、自覚症状というのならば、こういう事があったのだ。

しかも、みんな卵巣腫瘍が原因だとは思わなかったという、この事実!

・・・まあ、誰でもなぜか「私だけは○○にならない!」という自信が

あったりするものだと思うけれど(笑)。

 

私の場合、おなかから触れるわ、立っていても座っていても下腹部に

違和感が出るようになってきていたわ、という状態だったので、

これはもう手術になるだろうな、と思った。

 

手術方法は開腹手術と腹腔鏡手術があるらしく、また、腫瘍だけを取る術式、

卵巣ごと腫瘍をとってしまう術式、そして卵巣と卵管を取ってしまう術式が

あるとのことである。

 

 

どちらにせよ、「面倒な事になったな・・。」というのが正直な感想だった。

というのも、私は毎日、娘の送迎をしていたからである。

身内が同じ市内に住んでいるので、手術前提で話をしてみることにした。

 

しかし、なんだか落ち着かない。

早くはっきりしてほしい。

悶々と待っているのは嫌だ。

そんな気持ちで、私は日々いろいろなブログや記事を見続け、

やっと一週間後を迎えた。

 

 

 余談だが、「卵巣腫瘍がある。」と言われた翌日に、私はなじみのある

お山登りをしてきた。

そこはある神社ゆかりのお山なのだが、ひたすら歩いていると、

病気の事など忘れていた。

「病は気から」というのは、よく言ったものだな、とその時に痛感した。

 

 

広告を非表示にする