hollow  

子宮内膜症→チョコレート嚢胞(ここまで自覚なし)→明細胞腺がん発覚。今は経過観察中。ふだんは漫画やアニメの話題など。

思わぬ展開

 

H25年2月14日

 

予約時間がお昼に近かったせいか、駐車場も院内もかなりすいていた。

これなら車を近くのショッピングセンターに止めなくてもよかったなあ、と

思いながら受付をすませて、外来待合室へ行った。

本でも読もうかな、と思った瞬間に名前を呼ばれる。

早いな。

 

診察室へ入ると、医師が先日の検査結果を見ながら挨拶を返してきた。

そして、私に言ったのである。

「検査結果が出たのですが、画像診断では悪性の疑いがある、と出ました。

なので、やはり両方の卵巣と子宮をとります。

それから、心電図で狭心症の波形が出たんですが・・・。」

ほえ?

それは初耳だ。今まで心電図で異常が出たことはない。

「え? 」

「まあ、これは麻酔医と管理しながら手術しますので大丈夫です。」

 

・・・なんだか、流れのままだなあ、と思いつつ私は言った。

「・・・じゃあ、入院まで特に来なくていいですか? 」

「うん。体調を崩さないようにね。」

 

と。10分もかからずにこの日の診察は終了。

 

この病院では、手術についての説明・同意書なるものを書いてくれるのだが、

主治医となる医師が独特の字なので、旦那さんと解読しながら読んだのだった。

まあ、ちゃんと説明しながら書いてもらったのだけれど。

 

改めて見てみると、どう見てみても、

「卵巣腫瘍(悪性)疑いの為」と書いてある。

 

マジっすか?

と言いたくもなるわなあ・・・。

いざ自分がそういう立場になると、なんだか妙に冷静だな、と思った。

 

だがしかし、私の母は同じく卵巣腫瘍で手術しているのだが、

病理診断が出るまでは「悪性の確率がかなり高いです。」と

大学病院で言われ続けていたのだそうだが、いざ病理診断が出てみると、

境界悪性だったのである。

境界悪性なら、抗がん剤治療もしない。

経過観察は続くが、それ以外は特に病院へ行く事もない。

術後5年以上たつ今、母はとても元気な事が、私の冷静さの裏に

あるのかもしれない、と思った。

ただし、実感として湧いてきていないというのも事実ではある。

 

 本日の診療費 360円

 

 

 

広告を非表示にする