hollow  

子宮内膜症→チョコレート嚢胞(ここまで自覚なし)→明細胞腺がん発覚。今は経過観察中。ふだんは漫画やアニメの話題など。

手術の日 1

 

H25年2月28日

 

手術は午後1時半からの予定なので、当然、食事は昨夜の夕食が最後、

飲み物も朝8時までである。

でも、あまりおなかはすかないし、喉も乾かない。

 

早めに弾性ストッキングを履き(履きにくいので看護師が手伝ってくれた)、

手術着に着替えた。

(弾性ストッキングは、下肢静脈の静脈瘤などを防ぐために履く。)

 

時間はまだまだあると思っていたが、何かと準備があるので意外と早く

過ぎていく。

 

正午までに、旦那さんと母や身内がやってきた。

この段階で、前の人の手術が順調なので、たぶん予定時刻通りに

手術になるとのこと。

時間まで他愛のない話をし続けていたような記憶がある。

 

そうこうしているうちに、ついに点滴がつながれた。

ああもう、いよいよなんだな、と実感した瞬間だ。

 

ほどなくして、とうとう「行きましょうか~。」と、お呼びがかかった。

血圧や体温などを測った後、部屋の外まで歩いて行って、

準備されていたストレッチャーによじ登った。

この時、旦那さんと目が合ったので「行ってくるわ。」と目で合図すると、

「うん。」という返事があった。

 

「動きますね~。」との声とともに、ストレッチャーが動く。

うわ、目を開けたままだとめまいがしそうだ。

エレベーターを待っている時に、「あれ、ご主人は?」と看護師が言ったが、

あの人は見送らない人なので「いいですよ~。」と答えた。

 

手術室のある階まで母がついてきて、部屋に入る寸前に手を出してきたので、

寝たままでタッチした。

そういえば、母が最初に大きな手術を受ける時、手術室へ入る直前に

軽く手を握ったことがあったっけな・・・。

あの時、母は軽く手を握りかえして手術室へ入っていった。

 

ところで、ストレッチャーごと移動するのは、不思議な感覚だ。

視界だけがどんどん変わっていく。

電車や車の窓から見える風景の見え方とは、違う。

寝たままだと、見える範囲が広い割には自分の下半身の感覚が薄い。

だから目が回りそうになるのかもしれない。

 

 

手術室のある階は、全体にペールグリーンを基調とした内装だった。

手術室の手前で

「お願いしまーす。」とそこで病棟の看護師が手術室の看護師と

交代した。

 

手術室の中に入ると、ここもまた、少し薄暗いペールグリーンの部屋だった。

 

「こんにちは!」と昨日来た看護師が声をかけてくれた。

私は少し微笑んだ。

なんとなく心細い気持になっていたので、その笑顔で安心できた。

 

名前の確認をしたあと、いよいよ硬膜外麻酔をするという。

海老みたいに身体を曲げて、背骨の中に針を入れるんだっけ?と思いながら

「はい、身体を曲げてくださーい。」との声とともに身体を曲げた。

「じゃあ、これから針を入れますね~。ちくっとしますよ~。」

身構える私の背に、指で場所を確認した感触があり、針が入った。

ぎゃー! い、痛いっ! 「ちくっと」どころじゃない!!

・・・想像していたより、痛いよ、これ・・・。

その昔、膝にたまった血を抜いた時とか、同じく膝あたりに造影剤を入れた時が

今までの中で最高の痛みだったのだが、硬膜外麻酔の痛みが一気に1位になった

瞬間だった。

そして、その痛みは1度だけではなかった。

なんと3回も針を刺されたのである。

理由はわからない。1度だけじゃなかったんだ・・・と呆然としながら、

もう4回目はないよね?と思っていた所へ、

「じゃ、麻酔が入りまーす。」と声がした。

まだ体は曲がったままだったが、腕になんとも言えない痛みを感じた。

硬膜外麻酔の想像以上の痛みで泣きそうになっていたので、

早く手術が終わらないかな、と思った瞬間、そこから私の記憶はなくなった。

 

 

広告を非表示にする