読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hollow  

子宮内膜症→チョコレート嚢胞(ここまで自覚なし)→明細胞腺がん発覚。今は経過観察中。ふだんは漫画やアニメの話題など。

術後7日目

卵巣腫瘍

 

H25年3月7日

 

日に日に体が動くようになってくると同時に、

内臓の病気は回復が早いな、としみじみ思う。

娘のように運動器の病気だと、まず体を動かせないつらさを

長く味わってしまう事になる。

ずっと不機嫌だった理由が今頃わかった。ごめんよ、娘。

 

医療的な処置といえば、血栓の注射はもう終わっていたので、

あとは鉄剤の注射だけが残っていた。

いつまでするんかな~?

ヘモグロビンは急に回復するものではないらしいので、

ゆっくりと待つしかないようだ。

 

点滴がないので11時の巡回まで看護師は来ないし、

シャワーも浴びることができるので看護助手も部屋に

入って来る機会が少なくなってきた。

そのためか、一日がずいぶんとゆったりと感じられる。

 

天気がいいので今日は母は来ないかな、と思ったら

15時くらいに来た。珍しい。

 

主治医がやってきて、月曜日あたりに退院できそうだという。

だが、病理検査であまりよくないものが出ているらしくて、

その結果によっては抗がん剤治療が始まるかもしれない、とのことだった。

今のところの所見では、子宮内膜症からのチョコレート嚢胞だという。

生理痛が相当ひどかったと思われます、と主治医は言うのだが、

私はそんなにひどい部類だとは思っていなかったので驚いた。

たしかに、じっとりと脂汗が出てきて痛い痛いと思わず言いながら

のたうちまわるような痛みや、下腹部に何か球体のようなものを

感じながら重だるい痛みを感じたことは何度もある。

しかし友人や身内はもっと苦しんでいたのを知っていたので、

私の痛みはそれほどでもない方だとばかり思っていたのだ。

 

今回は、意外なことばかり起こるな・・・。

 

 

広告を非表示にする