hollow  

子宮内膜症→チョコレート嚢胞(ここまで自覚なし)→明細胞腺がん発覚。今は経過観察中。ふだんは漫画やアニメの話題など。

いろいろと補完

 

書き忘れていたことなど・・・。

 

退院した時、入院時に使用した薬剤や各種検査や医療器具の

詳細がついてきたのには驚いたが、あった方が安心かも、と思った。

個人が経営する病院だからなのかもしれないが、

娘が入院していた大学病院では、ここまで詳しく開示されていなかった。

 

 

それはさておき、補完である。

 

貧血改善のために静脈注射されていたのは、フェジンという薬。

色はプルーンのようだった。

退院後に飲んだ錠剤はフェロミア錠。

妊娠中に飲んでいた薬とは違うな、という印象である。

フェロミアは淡いピンク色の錠剤で、1センチ弱(たぶん)のもの。

昔飲んでいた薬は、もっと小さくて色もこげ茶色だった。

 

 

退院の日に主治医が言っていた書類とは、退院証明書のことだった。

これを見ると、病名には卵巣腫瘍(悪性)と書いてあるのだが、

転帰には治癒に近い状態にマルがしてある。

どのみち、退院時には詳しいことはまだ分からない状態だったが、

たぶん大丈夫だろう、と根拠のない自信があった。

 

 

☆この記事は、思いだしたら書き加えていきます。

 

 

 

広告を非表示にする