読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hollow  

子宮内膜症→チョコレート嚢胞(ここまで自覚なし)→明細胞腺がん発覚。今は経過観察中。ふだんは漫画やアニメの話題など。

ぽいっと楽な場所に?

卵巣腫瘍

 

 

主治医から聞いているわけではないので、あくまでも推測の覚書。

 

以前の記事に、私の腫瘍は「境界悪性の低度かな?」と書いていたが、

チョコレート嚢胞由来の腫瘍の場合は境界悪性とは言わないそうで、

単に悪性となるのだそうだ。

 

そういうことなら、今までの主治医の説明には納得がいく。

 

子宮内膜症からチョコレート嚢胞ができて、その中に悪い顔の細胞がいる。

チョコレート嚢胞由来の悪性腫瘍には明細胞腺癌と類内膜腺癌があるが、

前者は化学療法は効きにくく、後者は効きやすい。

となると、主治医の話から推測すると、私のかかった卵巣腫瘍は、

明細胞腺癌1a期となる。

 

手術で両卵巣と子宮とその他付属器と大網を取り、

中を洗ったが腹水などを抜いたという話もなかったし、

現に化学療法をしていないので、たぶんそうだろうと思う。

 

しかし卵巣腫瘍は他の腫瘍とは違い、かなり多彩なのだそうだ。

さすが生命の源というべきだろうか。