読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hollow  

子宮内膜症→チョコレート嚢胞(ここまで自覚なし)→明細胞腺がん発覚。今は経過観察中。ふだんは漫画やアニメの話題など。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」

アニメ

 

 

劇場には、4回観に行った。

巨神兵東京に現る」を観た後のなんともいえない余韻の中、はじまる

新しいエヴァ。

TVシリーズでもなく、旧劇場版でもないエヴァ。

だからこそ、4回も観に行ったのだと思う。

「序」と「破」は各2回ずつしか観に行っていなかったが、

それぞれDVDはもう何回観ているのかわからないくらい観ている。

それぐらい中毒性があるのが、エヴァなのだ。

 

そして。

映画を観終わった後も、BDが届いて観た後も、同じことを強く

願わずにはいられない。

次はみんなが幸せな結末になりますように!

自分が生まれて育った14年間(記憶がある)に、

いきなり眠ったままの14年間(記憶がない)が加算されたシンジ。

乗れ乗れと言われ続けたエヴァに乗る気になったままだったのに、

「何もしないで」「エヴァだけには乗らんでくださいよ!」等、

それまでの14年間を否定されるシンジ。

エヴァの呪縛を思い知るシンジ。

 

そんなシンジのすべてを包みこみ、

ある時は厳しく記憶にない14年間の真相を教えるカヲルの存在は、

シンジが最後に見せた幼児のような愚図り方からして、

友人であり兄であり父親のようなものだったのかもしれない。

しかし、カヲルの最期は衝撃だった。

TVシリーズの最期よりはまだいい・・・かもしれないが・・・ううーん。

 

重い劇中で、マリの存在はとても貴重だ。

もしかすると、世界を一番、俯瞰で捉えているかもしれない。

ところでコネメガネって何??

 

アスカはアスカで14年間、目覚めて以来ずっと悶々としていたのだろう。

強いが、痛々しささえある。

 

ところで、ミサトさんがかっこよくなってたなあ・・・。

アスカのセリフからして根っからの軍人思考になっているようだけど、

DSSチョーカーのボタンを押せなかったミサトさんは、「破」から

変わっていない面もあるように思えた。

 

「エヴァは繰り返しの物語である。 」とは、庵野監督が新劇場版が

始まる前に発表した文言にあるが、現時点では「また会えるよ。」と

言ったカヲルはもう出てこないような気がする。

 

どちらにしても、次回作を早く観たい。

また突き落とされるのだろうか?

いや、やはりハッピーエンドにしてほしい。

 

で、完結した暁には14年間に何があったのかを語るスピンオフが

観たいです( ̄∇ ̄)!