読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hollow  

子宮内膜症→チョコレート嚢胞(ここまで自覚なし)→明細胞腺がん発覚。今は経過観察中。ふだんは漫画やアニメの話題など。

「空の境界・俯瞰風景3D版」

 

初の3D映画鑑賞が、なんとらっきょ(「空の境界」)になるとは!

 

当初は、上映するとは知っていたのだが、

めまい持ちなのでふらふらするかなあと思って

見送ろうと思っていたのだ。

 

それに、上映期間がちょうど夏休みにかかるので、

さすがに親の趣味だけでちょっと遠出はできない。

 

映画自体は2Dが上映された時に観に行ったし、

DVDも何回観たのかわからないくらいだから、

内容はよく知っている。

もちろん、原作も何度も読んでいるくちだ。

 

だから、今回はまあ、見送ろうと思っていたのだ。

 

が。

見送ろうと思っていたのに、なぜ観に行ったのか。

それは、単にいきおいである。

ふたりの子どもが、それぞれ合宿や私の実家へお泊りしに行くことになり、

ぽっかりと母としての私はお休みになったのである。

この日を逃して、いつ行くのだ! とばかりに、私は前日にコンビニへ

飛び込んで、座席指定付チケットを購入したのは言うまでもない。

ついでに、この日は「空の境界未来福音」の前売り券もしっかり買っていた。

 

3Dの映像に関しては、まったく知らないのでまあそれも一つの経験だと

思って、ある意味出たとこ勝負で割り切ることにした。

 

 

 

・・・長い前振りだった。

 

 

 私は「俯瞰風景」が3Dになるという意味を、どういうことになるのか

まったく考えていなかった。

 

3D眼鏡は、すぐに慣れた。

それはいい。

 

ビルがリアルすぎる!!! 

 

いや、ちがう。

 

ビルの高さが、リアルすぎるのだ。

 

冒頭部分で、そのことに気が付いた私は愕然とした。

 

     (゚Д゚;)ひえええええええええええええええ!!!

 

内容を知らない方には何のことかわからないと思いますが、

まあその、飛び降りる・・・のですよ。ビルから。

 

 

それ以外は、なんだか懐かしい思いでいっぱいになりながら

観ていたなあ・・・。

全7章が映像化されるということは、7回楽しみがあるということで、

各章の上映が決まるたびにちょっと遠出して観に行っていた。

あまりに面白いので、友人たちに原作とDVDを勧めたりしたっけ。

 

まあ、劇場版全7章+終章が終わってからは、少し気抜けしたけれど。

 

そうそう。劇中、「魔法使いの夜」に出てきた橙子さんをふっと

思い出してしまっていたりしたのは、誰でもしていることだろう。

 

 同時上映の「ゼロカフェ」も面白かったし、

その「ゼロカフェ」の前に流れた告知に驚かされたりして、

なかなか濃厚なひとときを過ごせたのだった。 

 

 

 

ところで。

映画には満足した私だったが、建物から出たとき、何気なく劇場のある

この建物を見上げて絶句した。

 

この建物、空中庭園がある建物で、晴れた日にはかなり遠くまで

見渡すことができるのである。

そんな高さのある建物で、「俯瞰風景」ですよ・・・。

いやいやいや。

 

 

次は「未来福音」だー!

これで本当に「空の境界」も終わるんだな、と思うと一抹のさみしさが

襲ってくるなあ・・・。

 

 

 「DDD」の続きはまだですか~?????