読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hollow  

子宮内膜症→チョコレート嚢胞(ここまで自覚なし)→明細胞腺がん発覚。今は経過観察中。ふだんは漫画やアニメの話題など。

やはり「翠星のガルガンティア」

 

春のアニメが次々と終わってしまい、ちょっと気が抜けている今日この頃。

頭の整理に、感想など。

 

「銀河機攻隊マジェスティックプリンス」はもうひとつつかみどころがないまま

二期に突入しそうだし、同じく二期が秋にある「革命機ヴァルヴェイヴ」は

一期中盤からやっと面白くなってきて、「コードギアス」みたいな持たせ方で

一期が終わってしまった。

どちらも、もうちょっと背景の説明を序盤にしてくれたらよかったのになあ、と

個人的に思う。

 

他に見ていた「デビルサバイバー2」はもともとゲームをアニメ化したそうだが、

ゲームをやってないので、単純にそのまま面白く見られた。

ゲームだからいろいろとルートがあるのだろうけど、どうやって消化して

アニメにまとめたんだろうなあ、と思う。

個人的にここは捨てがたいけど尺が!みたいな状況が多かっただろうな、と推測。

アルコルと大和の関係がもう、切なかったですよ。

同じスタッフさんで、夏に「ダンガンロンパ」をアニメ放映されるのだが、

こちらはゲームもやっているのでかなり期待している。

★ 下書きのまま放置していたら、もう放映が始まってしまった。

 期待を裏切らないが、ゲームとは違う展開を見せている部分もあるので

 そちらも楽しみ。

 

進撃の巨人」は気持ち悪い場面はあるけれど、なんだか気になるので見ている。

欧州を思わせる舞台に、登場人物の揺れ動いて行動するその様子が気になるのだ。

書いていて思ったのだが、何が気持ち悪いって、巨人の描き方だろうな、と。

なんというのか、ぬめっとしていそうで生理的に気持ち悪いのだ。

これを書いている時点では、次回の展開が気になっている。

エレン、起きてえええええええ!

 ★ こちらも放置している間に、エレンは起きて仕事をしました(笑)

 最新話は総集編。作画の方々がかなり大変らしいので、ちょっと息抜きできれば

 いいなあ・・・でもアニメって、リアルタイムでそういう進行ではないそうなので、

 やはりきつい現場なのだろうな。

 

 

さて。やっと本日のタイトル。

そう、春のアニメでは、「翠星のガルガンティア」が一番よかった。

虚淵さんは「今回はグレーです」との事だったが、回によっては

黒淵さんでしたよね?

お祭りのあたりは白淵さんでしたが(といっても脚本は虚淵さんじゃないのだっけ)。

 

複雑に編まれた二つの世界を知るレドが、これからの地球の橋渡し役として

自分の意志で生きていくことになったあのラストが、本当に安心できた。

 

そして!ロボット好きとしては、チェインバーは絶対にはずせない。

チェインバーは「パイロット支援啓発インターフェイスシステム」という

システムを搭載した戦闘ロボットなのだが、戦闘だけにとどまらず、あらゆる情報を

収集解析してパイロットを援助するのである。

そのやりとりは味気ないものではなく、むしろ人間味あふれていて、

レドを精神的にもサポートしていた。

 

レドとチェインバー、クーゲルとストライカーの相対する関係は

思わず息を止めてみてしまったほどだ。

あの関係性は、いろいろと考えてしまうなあ・・・。

身近に言えば親子、友人、師弟関係にも当てはまる。

 

まだまだもう少しいろいろなエピソードを見たかった気もするが、

大筋はあれでいいのだろう。

もっとも、BD-BOXに完全新作OVAが入るらしいので、少しは

満足できるかも・・・え? 予約しましたとも。