読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hollow  

子宮内膜症→チョコレート嚢胞(ここまで自覚なし)→明細胞腺がん発覚。今は経過観察中。ふだんは漫画やアニメの話題など。

「屍者の帝国」

アニメ

 

伊藤計劃氏の小説3作(正しくは、うち1作は共著)を劇場アニメ化すると

知ったのは、たしかノイタミナ枠のアニメを見ていた時だった。

内容が内容なのでどうなるのかな?と思いはしたけれど、

じわじわと情報が開示されていく過程で、

キャラクターデザインが好きなイラストレーターさんだったので

期待は大きくなった。

 

_________________________________

 

 

さて。「屍者の帝国」だが、これは冒頭部分だけが伊藤氏による遺稿で、

そのあとはご友人の円城塔氏が書き継がれた物語である。

 

この作品は、映画や小説などで「フランケンシュタイン」を先に知っておくと

「ああ!」となる場面が多いような気がする。

特に「ビクターの手記」や「フランケンシュタインの花嫁」については、

映画でいきなり出てくるとちょっと唐突過ぎるような気がした。

 

原作と劇場版アニメとの大きな違いは、フライデーが主人公ワトソンの

友人に置き換えられていることだろう。

私は知っている範囲での、伊藤氏と円城氏を重ね合わせて映画を観ていた。

禁忌を犯してまでも、もう一度会いたい友人。

 

映画は息つく間もなく舞台が変わっていくのだが、

クライマックスの目に見えないものを視覚化すると、どうしても

ファンタジー的になってしまうようだ。

個人的には美しいと思ったけれど、そのあたりは個人的な好みにわかれるかも。

 

屍者のメンテ場面がどうしてもグロテスク(血が飛ぶのは当たり前・・・)に

なってしまうので、そういうものが苦手な人にはあまりお勧めできない。

 

全体的に中身が濃いので観た後は疲れてしまったのだが、

時間が経つにつれてまた観たいかも、と思わせる映画だった。

 

エンドロールが凝っていて、あれは意表をつかれた。

後日談もあるので、エンドロール後も席を立てない仕様になっている。

 

ところで、ほんとうにどうでもいいことなんですが、

ハダリーの胸が細長すぎてちょっと違和感があった。

普通に丸い胸だったらよかったのに(そこ?!)。

 

 

 

 

広告を非表示にする