読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hollow  

子宮内膜症→チョコレート嚢胞(ここまで自覚なし)→明細胞腺がん発覚。今は経過観察中。ふだんは漫画やアニメの話題など。

退院後初の診察・病理検査の結果

卵巣腫瘍

 

H25年3月21日

 

退院して初めての診察。

2週間前まで入院していたせいか、なんだか懐かしい感じさえある。

戻りたくはないけれど、見慣れた光景は安心するものだ。

 

予約時間の10分前に病院へついて受付をすませて待っていると、

思ったより早く名前を呼ばれた。

 

診察室へ入り、主治医に挨拶をして椅子に座る。

机の上には私の病理検査の結果の書類があり、それを見ながら

主治医は言った。

子宮内膜症によるチョコレート嚢胞があった(右側の卵巣)。

・左側の卵巣は正常だった。

・病理検査の結果、ほとんどが良性腫瘍だったが、わずかに悪性腫瘍の

 組織もみつかった。

 

悪性腫瘍が見つかったといっても、いますぐに治療を始めなければならない

レベルではないらしい。

そのため、これからは定期的に経過観察をするとのことだ。

 主治医は、「まあ、大丈夫でしょう!」と言っていた。

私の母と同じ感じかな、とぼんやり思った。

 

この日は、貧血が治っているかどうかをみるために

血液検査だけして帰宅した。

 

本日の診療費 3,230円